新貝晃一郎(新貝ふとん店代表)NHKプロフェッショナル出演の魂の「布団職人」ってどんな人?

2021年2月16日放送NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演した木綿布団職人の新貝晃一郎(しんがいこういちろう)さんはどんな人なのでしょうか?プロフェッショナルを見逃した人で気になっていた人、見たけどもう一回おさらいをしたい人の為に改めて新貝晃一郎さんについて掘り下げて行きたいと思います。知っていくとその仕事のこだわりに魅了されふとん一式購入したくなるかもしれませんね。それでは見ていきましょう。

新貝晃一郎ってどんな人?

静岡県清水市で新貝ふとん店を営む「代表兼ふとん職人」の新貝晃一郎氏。ふとんに人生を捧げ、高品質なふとんを作る事にこだわり続ける孤高の職人です。新貝さんは2017年に53歳で現代の名工に選ばれています。現代の名工とは厚生労働大臣によって表彰された技能者の事で、国から認められた技術を持っているすごい方です。輝かしい受賞歴からも分かりますがこの方ただのふとん職人ではありません。

    主な受賞歴
  • 「黄綬褒章」
  • 「現代の名工」
  • 国家検定 1級寝具製作技能士
  • しずおかの匠 静岡県技能マイスター
  • 厚生労働省 ものづくりマイスター
  • 全国技能士会連合会 寝具製作マイスター
  • 第15回全国技能グランプリ優勝・労働大臣賞
  • 静岡県技能競技大会 最優秀賞・県知事賞

参照元:https://shingaifutonten.com/shop/

ご覧のように素晴らしい受賞履歴ですが、新貝晃一郎氏はなぜここまで注目されているのでしょうか?それは氏のこだわりにあります。その部分を少し深堀りしてみましょう。

新貝晃一郎のこだわりって?

現在ふとんをオーダーしてから手元に届くまで3ヶ月以上、場合によっては半年ほどかかるようです。その理由は人気があるという事はもちろんそうなのですが、1点1点のふとんを1人1人のお客様に合うように全てを手作業で作っているところにあります。
中に入れる綿は、体格や、ライフスタイルに合わせて産地を変えたり、理想の寝心地になるように独自のブレンドによって作っています。同じものは2つとなくまさに完全オーダーメイドの布団を作っているからこそ、3ヶ月という日数を擁してしまうのではないでしょうか?そしてそれくらい待ってでも、その寝ここちを手に入れたいと思うユーザーも多くいるのではないでしょうか。

「誰にでもできることを、とことん~布団職人・新貝晃一郎~」


新貝晃一郎氏のメッセージには

布団は毎日必ず使う眠るための道具です。
だからこそ、からだにほんとうにいいものを選んでいただきたい。
布団は寝るためのただの道具ではなく一日の疲れをとり、
明日への活力を養う重要な要素です。
天然素材だからこそ天日干ししたときのふかふか感、
打ち直しでふんわりやわらかな感触が蘇ります。
参照元:https://shingaifutonten.com/futon/

このメッセージに全てのこだわりが現れています。ここまでこだわっている手作り布団はどんな寝心地なんでしょう?実際にどんな方が使用しているのかや口コミも調べてみましょう!

新貝ふとんネットの口コミは?

柔らかすぎず硬すぎない心地良さ。朝までぐっすり眠ることができました。
新貝さんが製作したばかりのお布団は、本当に柔らかくてフカフカです。
寝心地最高です!

このように寝心地の良さを絶賛している声が多数見らました。

Perfumeのかしゆかも絶賛?

雑誌カーサブルータスの架空のバーチャルショップのオーナー兼バイヤーのPerfumeのかしゆかも実際に新貝ふとん店を訪れて、新貝晃一郎の仕立てた座ぷとんを買い付けたようです。座り心地も気になりますね。

ふとんに人生をかける職人。全国様々な人々の眠りに対する理想や悩みに真正面から取組み座右の銘に「誰にでもできることを、誰にもできないくらいやる」を掲げ一見簡単そうな事をとことん追求し、至高の領域まで上り詰めた新貝晃一郎氏から今後も目が離せません。興味がある方は一生に一度の買い物にオーダーしてみるのもいいかもしれません。究極の眠りが待っているかも!?

店舗詳細
新貝ふとん店
住所 〒424-0206 静岡県静岡市清水区興津清見寺町156-5
営業時間 9:00~20:00

プロフェッショナル 仕事の流儀の見逃し配信ならU-NEXT



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です