前澤友作お見合い企画中止はなぜ?元カノへの未練か?

「前澤友作 真剣お見合いドキュメント~FULL MOON LOVERS~」と題し、前澤氏のパートナー探し企画がスタートしました。

 

2万7722人が応募し1月17日に締め切られました。

 

そして書類選考は先日終わったばかりで、残った候補者はこれから前澤氏とのデートに臨むはずだった。しかし急転直下ですべてが消し飛びました。

 

前澤氏は30日、ツイッターで「真剣に出演させていただくことを決めたものの、どうしても最後まで自分の気持ちを整理することができませんでした」と釈明。ネット上では「これはひどい」「身勝手すぎる」と批判が殺到しています。

 

取材によれば、番組スタッフも29日夜に中止の一報を聞き、困惑しているそうです。なんと自分勝手なのでしょうか。

 

それでは、お見合いパーティーをなぜ中止にしたのか調査してみました。詳しく説明していきます。

 

前澤友作氏、お見合い企画中止のサプライズ

 

ZOZO創業者の前澤友作氏(44)が、インターネットテレビ「Abema(アベマ)TV」で真剣にお見合いする企画を中止すると発表したが、「パートナー探し、頑張りたい」と、新たな出会いへの意欲を示した。

前澤氏は、初めてラジオパーソナリティーを務めた1月31日放送の「前澤友作のオールナイトニッポンGOLD」の冒頭で、お見合い企画の中止に言及。2万7722人の応募者に対し「私はそうした方々の気持ちを、自分の個人的な理由によって無下にしてしまいました。番組を中止にさせていただくことで、台無しにしてしまいました。本当に勇気あるご応募をいただいた皆様に、この場を借りて心より深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と、あらためて謝罪。番組関係者やファンに釈明した。

お見合い企画中止で、ネット上では「彼女ができたのでは」といった憶測もあがったが、前澤氏は「まずはパートナー探し、頑張りたいと思います」と語った。

引用:ヤフーニュース

 

ZOZO前社長の前澤友作氏は1月30日、インターネットテレビ局「AbemaTV」のお見合い番組への出演を「個人的な理由」で取りやめるとTwitterで発表しました。

 

前澤友作氏は

「真剣に出演させていただくことを決めたものの、どうしても最後まで自分の気持ちを整理することができませんでした」
 

と説明したそうです。

 

なんと自分勝手なんでしょうか。番組スタッフや応募者2万7千人はどうなるのでしょうか。

 

相手のことなど何とも思っていない。自分だけが満足すればそれでよいのでしょうか。

 

しかもお見合い企画はキャンセル。でも、まだ彼女探しは継続したいようです。

 

少し言葉を控えた方がよいと思われますが、2万7千人の応募者に失礼でしょう。

 

企画の中止を受け、Twitter上では「残念」「見たかった」「前澤さんが決めたことだから正解」「お騒がせな人だ」など、さまざまな意見が寄せられています。

 
https://twitter.com/aono0/status/1224340168376602625
 
 
 
 
 
 
   
 
   

お見合い企画中止の訳は

   

お見合い企画を中止した訳を考えてみました。以下3つが考えられますが、実際の所はどうなのでしょうか。他に理由があるかもしれません。

 

①お見合い企画にまだ迷いがあった

 

お見合い企画で集まったのは27,722人。この中から一人を選ぶわけですが、作業量もそうですが果たして自分の運命の相手と出会うことができるのかという迷いがあったかもしれません。

 

破局したのは昨年でしたから別れたばかりで乗り気ではなかったのでしょうか。

 

②好きな人ができた

 

何かのきっかけで女性と出会い、お見合いどころではなくなったという可能性もありますが、ニュースや投稿など見当たらないのでこちらの可能性は低いですね。もし本当に好きな人が出来たならば、どのような人物か気になりますね。

 

③元カノ剛力彩芽が忘れられない

 

剛力彩芽さんとは何度かは曲折が囁かれていたものの、2019年11月に正式に破局しましたね。

 

別れを申し出たのは、剛力彩芽さんの方からともいわれていますが、このことでお見合い企画中止は剛力彩芽さんが関係しているのではと囁かれています。

 

また、剛力彩芽さんは今回のお見合い企画は確実に知っていたはずですから、複雑な心境だったのではないでしょうか。

 

もしかすると「剛力彩芽が応募するのを待っていた」というビックリな説も期待していたのでしょうか。

 

そして前澤氏本人は、自分の気持ちを整理することができませんでしたと伝えていますが、もしかすれば③の元カノ剛力彩芽が忘れられないという可能性も十分あります。

 

なぜかというと、前澤友作氏は「あの時の笑顔取り戻したい」と発言しています。

 

この記事を読むとそう感じます。

 

ライブドアニュースで

前澤友作氏「あの時の笑顔取り戻したい」剛力彩芽を匂わせ発言に反響

前澤友作氏が出演を予定していたAbemaTV「前澤友作 真剣お見合いドキュメント~FULL MOON LOVERS~」の降板および、放送中止になったことについて、3日放送のフジテレビ系情報番組「バイキング」(毎週月~金曜11時55分)が特集。そのなかで、前澤氏の“匂わせ発言”がネット上で話題

また、この翌31日にはニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」(毎週金曜日 22時~24時)に前澤氏が生出演した際、リスナーから「ズバリ今一番ほしいものはなんですか?」という質問が。これには、前澤氏は「たしかにいろんなものを買ったりしましたし、いろんなところにも行ったりしましたし、いろんな方にも会ったりしましたけど」と前置きし、「まぁ恥ずかしいお話なんですけれども、僕が今一番欲しいものは、あのときの時間とか、あのときの笑顔とか。あのとき…。あのときが一番ほしいです」と明言し、「たまには過去を振り返っちゃう時もあるんです」と意味深な発言が飛び出したという。

この放送にネット上では、「盛大な匂わせだ…!」「このドタキャン自体が匂わせなのでは」「剛力さんが忘れられなかったのか…」「剛力さんにも応募してほしかったのかな?」「未練があるってこと?」など、さまざまな憶測が飛び交っている。

情報:フジテレビ

引用:ライブドアニュース

 

あのときの時間とか、あのときの笑顔とか。あのとき…。あのときが一番ほしいです」とか、「たまには過去を振り返っちゃう時もあるんです。と言っているからまだ未練があるのでしょうか。

 

お見合い企画中止の訳は元カノ剛力彩芽が忘れられないのかもしれません。

 

まとめ

 

応募者に好みの方が見つからなかったのではなく、好きな人が忘れられなかったとしか思えてなりません。

そして応募した方に企画中止で振り回し、この企画のために動いたスポンサーやスタッフの方々にも、とても失礼且つ迷惑極まりないのでは思われます。

 

それと、お金の力ってすごいなと思います。無ければこれだけ集まらないでしょう。応募した方に彼の何処に惹かれ、魅力を感じたのか聞いてみたいでしょう。事業で成功し財を得たすばらしい企業家と思っておりましたが、色々と世間を騒がせて注目を集めたがっている様は何とも言えません。ただ気持ちの整理がつかないまま中途半端に番組をやっていくよりかは、いくらかマシではありますが。番組が始まる前だったのは逆に良かったかもしれません。始まってからこうなっていたら今回以上の、騒動になりかねませんからね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です