King Gnu キングヌーの歌い出しくらい繊細な件 by千鳥 ノブ

2/13(木)のツイッタートレンドワードに突如として上がった「King Gnuの歌い出しくらい繊細」。一体どういう事なんだろうと思って調べてみました。

キングヌーの歌い出しくらい繊細

どうやらナインティナインの人気番組ぐるナイのゴチになりますの中の一幕だったようです。事の発端は、お笑い人気コンビ、ノブが豚の炭火焼を食べた後の食レポから。

千鳥ノブ
1番繊細な甘みじゃないすかね?
ナイナイ岡村
どれくらい繊細?
千鳥ノブ
King Gnuの歌い出しくらい繊細

これには本田翼も大爆笑。

この一言で全員の爆笑をさらっていました。キングヌーといえば、今飛ぶ鳥を落とす勢いで売れている新世代ミクスチャーロックバンドの事で、最近、テレビ、お店のBGM、ラジオで聞かない日はないくらい売れています。

恐らくですが、千鳥ノブが言っていたのは、キングヌーの代表曲「白日」の歌い出しだと思われます。確かに歌い出しはかなり繊細です。男性ボーカルとは思えない、高音で優しい耳触りでいてキャッチーな歌い出しは、一度聞いたらクセになります。

元々、東京芸大の声楽科に在籍していたボーカルの井口の美声には以前から定評がありました。カラオケで歌うのはかなり難易度が高い曲の1つでもあります。

この曲を引用した例えにネットではノブを賞賛する声が上がっています。

の様にノブのセンス讃えるものばかりです。

たった一言で、トレンド入りするあたりノブの凄さが伺いしれます。瞬時にこの例えが出るというのはやはりプロのお笑いだという事を思い知らされました。普通はそう思っていても、そこでこのワードはなかなか出ませんよね。

以上キングヌーの歌い出しくらい繊細について調べてみた件でした。最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です